財団について

財団について

ご挨拶

 いわゆる難病とは、原因が不明で治療方法が確立されていない疾患を総称するものです。その中には神経病疾患、謬原病、循環器系疾患、消化器系疾患など様々な疾患群が含まれており、この多くは有効な治療法や薬剤が見いだされず、患者は長期にわたる療養生活を余儀なくされています。また、家庭の介護機能の低下、不便な通院や長い待ち時間、緊急時の対応の不安、生活環境、収入など多くの問題に患者・家族の皆さんが悩んでおられるのが現状です。
 このような難病が抱える医学的・社会的課題に対処するためには、脚光を浴びる「がん」や「再生医療」の研究に比べ満足とはいえない体制や研究費のもとに、地道な努力を積み重ねている難病研究者たちへの助成と、専門的な研究、さらには難病患者に対する良質なケアについての研究を進め、難病患者が在宅で安心して療養できる環境を整えていくことが大切です。
 特に、核家族化や地域とのつながりの希薄さなど大都市特有の問題を抱える大阪において、地域性を重視した研究に取り組み、難病に関わる行政の方々と手を携えて公益事業を展開していく決意のもと、平成7年3月、財団法人大阪難病研究財団を設立。その後公益財団法人に移行、公益財団法人阪本精神疾患研究財団と合併し現在に至ります。

 令和元年には助成事業も第25回を迎え、若手研究者の更なる意欲向上と研究奨励のため、当財団初代理事長の名を冠した「籔本秀雄賞」を創設いたしました。助成事業においては年々応募される研究者、研究機関も全国区に広がりを見せており、難病研究の益々の発展と活性化のきっかけとなることを願います。
 今後とも、微力ながら精一杯努力してまいりますので、ご支援ご鞭撻をたまわりますようお願い申し上げます。

公益財団法人 大阪難病研究財団理事長 籔本 雅巳

籔本 雅巳

財団の目的

公益財団法人 大阪難病研究財団は、
難病に関する調査研究研究助成国際交流助成情報収集及び提供知識の普及啓発研修会参加開催
などの事業を行うことにより、難病医療や難病患者の支援の充実を図り、
難病の医療水準の向上と難病患者の在宅医療の推進に寄与することを目的としています。

事業内容

1. 難病についての調査研究に関する事業
各難病の原因解明、治療法の確立を行うための研究を支援し、その結果を広く情報提供していくことにより難病の医療水準を向上させることを目的に掲げ、新たな治療法や薬剤の発見につなげていきます。
2. 難病についての医学研究の助成に関する事業
難病について、すでに地道な努力を重ねている若手研究者に対し、研究費の助成を行うことにより、研究者の意欲の向上と発病原因の解明、治療法の確立等に向けて、より一層の研究の充実を図ります。
3. 難病についての国際交流の助成に関する事業
若手研究者の国際交流を支援し、海外の先進的難病研究の実態と成果を実地に見聞する機会を提供すると共に、海外の研究者との意見交換や交流を通じて研究者の意欲の向上を図ります。
4. 難病についての情報の収集及び提供に関する事業
当財団のホームページ上で展開している「難病Update」に海外の医学文献を日本語に翻訳して掲載することにより、難病患者をはじめ、家族や医療関係者に新しい研究や治療についての情報等を分かりやすく提供する事業等を行います。
5. 難病についての知識の普及啓発に関する事業
医療従事者及び難病患者や家族、関係者を対象に行う難病をメインテーマとした講演会等に対して支援を行うことで、より広く多くの方に難病についての最新の治療法、ケア等の情報を正しく理解していただけるような知識を提供します。
6. 難病についての研修に関する事業
医療関係者をはじめ保健・福祉関係者、患者家族等を対象とした研修会を開催し、先進的な事例について意見を交換し、より良いケアシステムのあり方を考えます。

沿革

1995年3月(平成7年) 財団法人大阪難病研究財団 設立
籔本秀雄が理事長に就任
2013年4月(平成25年) 内閣総理大臣より公益認定を受け、公益財団法人大阪難病研究財団となり籔本雅巳が理事長に就任
事業の範囲を「大阪府及び近隣の府県」から「全国」へ拡大する
2015年4月(平成27年) 公益財団法人阪本精神疾患研究財団を吸収合併し、事業を引き継ぐ

公益財団法人 大阪難病研究財団
〒558-0011 大阪府大阪市住吉区苅田9丁目14番25号(阪和記念会館内)
TEL (06) 6696-5685(代表) FAX (06) 6696-3473